山形県の教習所一覧

山形の合宿免許

YAMAGATA

山形県での合宿免許なら、親切で丁寧な教習の

“山形県指定自動車教習所”にお任せ!!

初めての免許合宿は山形県がおすすめ!

免許合宿が可能な自動車学校は、全国各地にあります。
その中でも、初めて免許を取得するという方におすすめなのが東北地方の山形県です。

山形県には、合宿免許で運転免許を取得するために有利な環境が揃っています。
無理なく免許を取得したい人や自分の運転技能に不安がある人は、山形県の免許合宿を選びましょう。

  • 東北エリア|山形県

    平野学園自動車学校

    最安料金

    AT
    204,400 (税込)
    MT
    226,400 (税込)
    当教習所は親切、丁寧をモットーに指導しております。
    大自然の中での教習の後は「一日の疲れを温泉で癒して」皆様の思い出に残る合宿生活になるようスタッフ一同心よりお待ちしています。

    【卒業生の声】
    教官は個性豊かで優しくて2週間凄く楽しかった‼一生の思い出になりました〜‼

    【コロナ対応について】
    教習所指定の「重要事項説明書(検温用)」を、郵送物に同封致します。
    入校3日前より必ず検温を実施し記入の上、入校当日忘れずにご持参ください。
    詳細を見る
  • 東北エリア|山形県

    出羽自動車教習所

    最安料金

    AT
    214,500 (税込)
    MT
    247,500 (税込)
    観光地として発展した酒田市は宿泊施設も充実。
    また、米アカデミー賞受賞作品「おくりびと」の撮影現場として様々な場所が使用されました。
    この機会に是非酒田市へお越しください。

    【コロナ対応について】
    ◆教習所指定の「健康管理表(検温用)」と「確認書」を、郵送物に同封致します。
      入校2週間前より検温を実施し記入の上、入校当日にご持参ください。
    ◆入校当日に検温し、37.0℃以上の場合は入校ができません。
    ◆入校二週間前からの検温で37.0℃以上を超えた日がある場合は入校できません。
     ※平均体温が高い方でも37.0℃以上で入校はできません。
     ※教習期間中の発熱・体調不良での一時帰宅の対象は同行者も含まれます。
    ◆教習日数分のマスクをご持参ください。
    詳細を見る
  • 東北エリア|山形県

    天童自動車学校

    最安料金

    AT
    268,400 (税込)
    MT
    290,400 (税込)
    将棋駒といで湯とフルーツの町、天童。周辺にはコンビニの他、イオンモール・スーパー・飲食店があります。
    長期滞在には欠かせないプライバシー重視のホテルタイプを全てにご用意してます。 
    天童自動車学校は「練習コースが広い」と大評判。時には、地物を振舞うイベントも開催しています。

    【教習生に人気のグルメ】
    ・ラーメン
    ・そば
    ・焼肉

    【教習生にオススメの人気スポット】
    ・イオンモール天童
    ・山寺

    【コロナ対応について】
    ◆教習所指定の「重要事項説明書」を、郵送物に同封致します。
      入校3日前より検温を実施し記入の上、入校当日に忘れずにご持参ください。
    ◆37.5度を越える発熱・咳・だるさなど風邪症状、味覚・嗅覚異常があった場合、入校せずに帰宅となります。(交通費他諸経費はお客様負担)
    ◆教習日数分のマスクをご持参ください。(教習中はマスク着用が必須となります)
    ◆教習期間中に定期的に検温が行われます。
    詳細を見る
  • 東北エリア|山形県

    米沢ドライビングスクール

    最安料金

    AT
    212,300 (税込)
    MT
    247,500 (税込)
    快適に、楽しく免許を取得していただくためにスタッフ一同努力しております。東京から新幹線で120分。
    歴史と美食の街、米沢。『おもてなしの心』を大切にするスタッフとバラエティに富んだ清潔な宿泊施設が人気の秘密です♪
    詳細を見る

山形県教習所のおすすめポイント!

ゆっくり温泉に浸かってリフレッシュ♪

山形県は、国内有数の温泉地として有名です。各市町村に必ず一つ以上の温泉があるような都道府県は、全国でも山形県だけです。そのため、山形県の合宿免許では温泉付きの旅館やホテルに宿泊することが出来ます。
合宿免許は、普通自動車のATなら最短14日間、MTなら最短16日間かかります。期間中は朝から晩まで実習や座学のカリキュラムが組まれ、運転技能や法定ルールなどをしっかり教えこまれます。どれも初めて習うことばかりでしょう。
自動車学校の教官はわかるまで丁寧に教えてくれますが、それでもやはり苦労することもあるはずです。およそ2週間、免許を取得出来るまで頑張り続けるためにも、心と身体のリフレッシュは重要です。ゆっくり温泉に浸かって、その日の疲れをさっぱり洗い流すことが出来る山形県の免許合宿なら、無理なく免許取得を目指すことが出来るはずです。

旬の味覚を味わおう!

学生にとって、夏休みや春休みなどの長期期間中は、免許合宿に参加する絶好の機会です。授業が始まってしまえば泊まりがけで免許を取りに行くことが難しくなるため、免許取得希望者が集中します。全国どこの自動車学校も繁忙期となります。
実はこの時期、山形県の名産品がちょうど食べ頃を迎えます。
夏は山形県の代表的な農産物であるさくらんぼが、春は全国1位の出荷数を誇るタラの芽が美味しい季節です。学生の長期休暇と、県の特産品が収穫される時期がちょうど一致しているため、免許合宿には山形県がおすすめなのです。
旅館やホテルの夕食で旬の味覚を味わえば、昼間の教習疲れもすっかり吹き飛んでしまうはず。その土地ならではの食事が楽しめるのも、免許合宿の楽しみの一つなのです。



【山形県の名物料理】
①いも煮 里いも、牛肉、ねぎ、こんにゃくなどを並べて煮込んた料理です。山形市では「日本一の芋煮フェスティバル」も開催され、巨大な鍋で作ったいも煮が振る舞われます。ベースの味付けを味噌にするか醤油にするかで、熱い議論が巻き起こるのでも有名です。

②玉こんにゃく 「玉こん」とも言われます。文字通り丸いこんにゃくを醤油ベースで煮込んだ郷土料理。串に刺して辛子を付けて食べます。

だし きゅうり、なす、みょうが、大葉など細かく刻んで醤油などで味をつけ、温かいごはんに乗せて食べたり、豆腐に乗せたり、麺類の薬味にしたりと用途もいろいろです。

④ラーメン・鳥中華 山形市はラーメン消費量日本一。県内にはいろいろなラーメン屋さんがあります。辛味噌の乗った赤湯ラーメンは有名ですね。お蕎麦屋さんで作られた、中華麺に和風だしのスープ、鶏肉や天かすなどをトッピングした鳥中華も美味しいですよ。